医師常勤求人ランキング

医師常勤の定義

医師として働く場合、その雇用形態、勤務形態から、大きく分けると常勤医師と非常勤医師とに分けられます。 常勤医師の定義は、雇用形態が正規雇用で、その勤務形態は、1日8時間、1週間に32時間、週に4日以上の勤務で、中長期にわたって継続して勤務する、ということです。

常勤医師は、正規雇用なので、そうでない非常勤医師とは違い、社会保障の面で優遇されます。

まず、社会保険料は、雇用主が半額負担してくれます。(2011年12月現在)
社会保険料には、健康保険、年金、雇用保険、労災保険があります。
確定申告のための事務作業は全て行ってくれます。
勤務先によって違いますが、様々な福利厚生を受けられる場合があります。

また、給与面でも優遇されていて、所得税は、保険料や控除を差し引いた額にかかるため、手取り給与が多くなります。
その他、有給休暇があったり、学会などへの参加が出勤扱いとなったりします。

常勤として働くには、様々な問題もあります。
夜間と当直や深夜、休日の呼び出しに応じなければならないことがあるなど、常に病院のことを意識していて、拘束されているという感じがあります。
一定の勤務時間があり、その他にも勤務しなければいけないという時間がでてくるなど、過酷な労働時間となっている場合も多いようです。
そのような勤務状況の中では、疲れ果てて退職してしまうケース、未払いの時間外労働賃金を請求する訴訟、過重労働により過労死するケースもあるようです。
常勤医師による労働者性、労働時間の紛争は増えているのです。


常勤医師には、このようにメリットもありデメリットもあります。
雇用側としても常勤医師は出費経費がかさむため、また事務仕事量が増えるために、常勤医師の採用にはデメリットが多いと考える雇用主もあります。
常勤を、非常勤医師で代用して経費を削減する雇用主があるというのは、一般企業でもよくあることです。

このような状況の中、常勤医師は不足しているのが現実です。
一般病院における100病床あたりの常勤医師数は、
1位:東京都 14.4人、2位:神奈川県 13.1人 3位:栃木県 11.8人 4位:愛知県 11.4人 5位:奈良県 11.3人 と、上位5位はこのようになっています。
特に地方病院での医師不足が深刻のようです。
医師不足は、その病院で働く医師の労働環境をさらに悪化させるもので、改善されなければならない問題です。

常勤の医師の求人・転職支援サイト!最新口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細

※当サイトでは医師常勤転職の大手のリクルートドクターズキャリアが1位獲得中です。
※メディウェル運営の医師転職ドットコムも安心感が高く人気です。



▲このページの上部へ

[常勤医師のよくあるQ&A-仕事編-] 医師の労働時間の平均は? 医師の仕事のやりがいは? 医師は休みがとれない? 医師は過労死が多い? 医師は激務? 医師の常勤と非常勤の違いは? 医師で楽な科は? 医師で海外留学は多い? 医師の転勤事情は? 医師の定年後の生き方・働き方は? 医師は接待が多い? 医師の男女比はどれくらい? 医師の「楽な道」とは?
[常勤医師のよくあるQ&A-お金編-] 医師の当直手当の相場は? 医師のスポットの単価相場は? 医師の副業の定番は? 医師の退職金の相場は? 医師の初任給の相場は? 医師の税金対策は? 医師の福利厚生は?
[常勤医師のよくあるQ&A-プライベート編-] 医師の恋愛・結婚事情は? 医師でモテるには? 医師と看護師の恋愛事情は? 医師にはうつ病が多い? 医師を辞めたい場合は? 医師の喫煙率は高い? 医師の独身率は高い?
Copyright (C) 2012-2017 医師常勤求人ランキング All Rights Reserved.