医師常勤求人ランキング

管理医師の常勤

管理医師とは

医療施設の管理を行う常勤の医師のことです。 医療法により規定された医療機関の届出書に記載をし、各都道府県に届け出ます。 通常は、院長や所長、医療法人においては理事が管理医師となります。

新しく医療施設を開設する場合、または管理者を変更する場合にも届出が必要となります。

管理医師の規定

管理医師に関しては、医療法で定められています。

医療法第十条では「病院または診療所の開設者は、その病院又は診療所が医業をなすものである場合は臨床研修等修了医師に、歯科医業をなすものである場合は臨床研修等修了歯科医師に、これを管理させなければならない。 」 とあり、医療機関は管理者としての医師を置いておかなければならない事が定められているのです。

第十二条では、「病院、診療所又は助産所の開設者が、病院、診療所又は助産所の管理者となることができる者である場合は、自らその病院、診療所又は助産所を管理しなければならない。但し、病院、診療所又は助産所所在地の都道府県知事の許可を受けた場合は、他の者にこれを管理させて差支ない。」とあり、必ずしも開設者が管理医師となる必要はないことも定められています。 ですから、医療求人情報で募集されている職種の中には、医療機関での管理者となる管理医師の募集も数多くあるのです。

第十五条では、「病院又は診療所の管理者は、その病院又は診療所に勤務する医師、歯科医師、薬剤師その他の従業者を監督し、その業務遂行に欠けるところのないよう必要な注意をしなければならない。 」とあり、管理者が不在の時には診療を行う事ができないことが定められています。 管理者が退職するなど、何らかの理由により不在となる場合は、診療を継続することができないため、保健所に休止届を出します。 その後、新しい管理者が決まったら、すぐに保険診療を開始することが可能となるので、再開届を提出して、診療を再開します。

医療法では、必ずしも管理医師は常勤していなければならないとは定められていませんが、管理者について詳しく書かれている通知には、「管理者は、当該病院または診療所に常勤すべきことは当然」と書かれているため、管理医師は常勤である必要があるということです。

管理医師の常勤とは

では、管理医師が診療日の全てに出勤し常勤していなければならないのかどうかということですが、その必要はありません。
診療日全てに勤務していないからと言って、管理者として不的確とは言えないそうです。 ただ、医療法では常勤医師の定義として、「病院で定めた医師の1週間の勤務時間が、32時間未満の場合は、32時間以上勤務している医師を常勤医師とし、その他は非常勤医師として常勤換算する。」とあるため、管理医師がその定められた勤務時間を下回る場合は、保健所による指導が入る場合があるでしょう。

常勤の医師の求人・転職支援サイト!最新口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細

※当サイトでは医師常勤転職の大手のリクルートドクターズキャリアが1位獲得中です。
※メディウェル運営の医師転職ドットコムも安心感が高く人気です。



▲このページの上部へ

[常勤医師のよくあるQ&A-仕事編-] 医師の労働時間の平均は? 医師の仕事のやりがいは? 医師は休みがとれない? 医師は過労死が多い? 医師は激務? 医師の常勤と非常勤の違いは? 医師で楽な科は? 医師で海外留学は多い? 医師の転勤事情は? 医師の定年後の生き方・働き方は? 医師は接待が多い? 医師の男女比はどれくらい? 医師の「楽な道」とは?
[常勤医師のよくあるQ&A-お金編-] 医師の当直手当の相場は? 医師のスポットの単価相場は? 医師の副業の定番は? 医師の退職金の相場は? 医師の初任給の相場は? 医師の税金対策は? 医師の福利厚生は?
[常勤医師のよくあるQ&A-プライベート編-] 医師の恋愛・結婚事情は? 医師でモテるには? 医師と看護師の恋愛事情は? 医師にはうつ病が多い? 医師を辞めたい場合は? 医師の喫煙率は高い? 医師の独身率は高い?
Copyright (C) 2012-2017 医師常勤求人ランキング All Rights Reserved.