医師常勤求人ランキング

眼科の医師常勤求人

高齢化社会が進む一歩で医療技術の進歩により長寿命化社会になった今、眼科医の必要性は過去になく高まっています。加齢に伴い白内障や加齢黄班変性などの疾患を患う高齢者が増加していますし、糖尿病に伴う眼底出血や網膜症などの疾患数も増えています。さらにスマートフォンやタブレット端末の利用に伴う目の酷使が心配されています。こうしたことが背景にあることから、眼科医は今後も働くためのフィールドが多くあることが分かります。眼科医として行なう医療行為は内科的なことよりも外科的なことの方が多くあります。

例えばマイクロサージェリーを利用した治療が一般的になっていますから、医療機器の習熟も求められます。高い技術が求められる一方で医師一人当たりの負担は減るどころか増加しています。眼科医の数は統計上増加しているものの、新たに眼科を志望する学生が減少しているのが原因です。

また地域格差も大きく、最も眼科医率の高い地域とそうでない地域との差を比べてみると、最大の地域で5000人に1人なのに対し、最小の地域では13000人に1人の割合になっています。東京や大阪などの大都市圏では眼科の開業医が多く見受けられますが、地方ではその数が極端に少なくむしろ足りない状況が続いています。もし報酬アップなどを望むのであれば、地方での勤務を選択肢として据えることも良い方法の1つと言えるでしょう。

眼科の医師常勤求人を探す場合、これまでのドクターキャリアによって待遇が大きく異なることを認識しておくとよいでしょう。眼科医としての医師経験が5年、10年と増えるにつれて報酬が1.5倍から2倍に増加する傾向がみられます。眼科医の場合、オペでの執刀経験が多いと患者からの信頼も得やすく、病院側も医師の経験を武器にすることができるからです。経験を活かした転職を見据えることで、成功への道が大きく開かれることになります。

眼科の医師常勤求人は全国的に多く、報酬は年収1200万円から2000万円ほどが一般的です。多いところになると3000万円もの高額報酬を提示する病院もあります。狙い目はやはり地方です。東京や大阪などの大都市圏でも1500万円程が平均ですが、東北や九州での地方病院では2000万円を超える報酬を約束する病院がみられます。Uターンでの転職を目指すことで、報酬を倍増させることもできるかもしれません。眼科の医師常勤求人情報を見ると、地方での求人が豊富にあることが分かりますので、思い切った行動をとることが大切だと言えるでしょう。

常勤の医師の求人・転職支援サイト!最新口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細

※当サイトでは医師常勤転職の大手のリクルートドクターズキャリアが1位獲得中です。
※メディウェル運営の医師転職ドットコムも安心感が高く人気です。





▲このページの上部へ

[常勤医師のよくあるQ&A-仕事編-] 医師の労働時間の平均は? 医師の仕事のやりがいは? 医師は休みがとれない? 医師は過労死が多い? 医師は激務? 医師の常勤と非常勤の違いは? 医師で楽な科は? 医師で海外留学は多い? 医師の転勤事情は? 医師の定年後の生き方・働き方は? 医師は接待が多い? 医師の男女比はどれくらい? 医師の「楽な道」とは?
[常勤医師のよくあるQ&A-お金編-] 医師の当直手当の相場は? 医師のスポットの単価相場は? 医師の副業の定番は? 医師の退職金の相場は? 医師の初任給の相場は? 医師の税金対策は? 医師の福利厚生は?
[常勤医師のよくあるQ&A-プライベート編-] 医師の恋愛・結婚事情は? 医師でモテるには? 医師と看護師の恋愛事情は? 医師にはうつ病が多い? 医師を辞めたい場合は? 医師の喫煙率は高い? 医師の独身率は高い?
Copyright (C) 2012-2017 医師常勤求人ランキング All Rights Reserved.