医師常勤求人ランキング

泌尿器科の医師常勤求人

泌尿器科医は高齢化社会に伴い必要性はますます高くなっています。男性の場合は前立腺肥大症や前立腺がんなどの病気で診察に訪れるケースが多くありますが、女性の泌尿器科受診件数も増加していて、男性の泌尿器科医に加えて女医の必要性も高まっている診察科目になっています。

泌尿器科の女医を増やすための試みは医学界でも積極的に行なわれています。現在の日本の医療現場の実態によれば、泌尿器科医のうち、女医の割合は全体のわずか3%にとどまっています。日本の生命表からも明らかなとおり、女性は男性に比べて5年以上長生きすることが統計学的にも実証されていることから、女性の泌尿器科受診件数は今後もさらに増加することは確実です。

団塊の世代が退職期を迎え、高齢化社会に拍車をかけていることもあり、男性の高齢者向けの泌尿器科医療も正念場を迎えているといえます。特に前立腺がんや過活動膀胱などにより泌尿器科を受診する患者が増えているという事実もあります。また性の低年齢化に伴う性病の増加も危惧されており、若者世代の性病による泌尿器科受診件数も増えているのが現状です。増加する患者数に対する泌尿器科医の数は十分に足りているとは言えない状況です。そのため病院での泌尿器科の医師常勤求人数は増加傾向にあり、より高い報酬で人材確保しようとする医療機関が増えているのは注目できます。

泌尿器科での医師常勤求人の特徴として、総合病院での求人が多いという特徴があります。平均の報酬は1500万円前後で、経験を持つ医師については年収が2000万円を超える求人案件も少なくありません。泌尿器科の医師常勤求人の傾向として大都市圏では透析管理や前立腺系統の診療を行なう医師募集が中心で、性病などにも対応できる医師が求められています。これは大都市圏ほど性感染症が多いことが理由です。透析を行なう医師については報酬も高めに設定されています。

地方都市での泌尿器科の医師常勤求人を見てみると、大都市圏に比べて求人数は若干減るものの、報酬面では大都市圏とさほど変わらない条件を提示しているケースがほとんどですから、故郷に戻っての活躍を視野に転職を考えることもできるでしょう。地方都市の例を挙げると、静岡県の総合病院では主に人工透析管理ができる泌尿器科の医師常勤求人を行なっていて、年収は2000万円以上と大都市並みの水準での募集を行なっています。こうしたケース以外にも好条件の泌尿器科の医師常勤求人がありますから、情報をこまめに入手しておくとよいでしょう。

常勤の医師の求人・転職支援サイト!最新口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細

※当サイトでは医師常勤転職の大手のリクルートドクターズキャリアが1位獲得中です。
※メディウェル運営の医師転職ドットコムも安心感が高く人気です。





▲このページの上部へ

[常勤医師のよくあるQ&A-仕事編-] 医師の労働時間の平均は? 医師の仕事のやりがいは? 医師は休みがとれない? 医師は過労死が多い? 医師は激務? 医師の常勤と非常勤の違いは? 医師で楽な科は? 医師で海外留学は多い? 医師の転勤事情は? 医師の定年後の生き方・働き方は? 医師は接待が多い? 医師の男女比はどれくらい? 医師の「楽な道」とは?
[常勤医師のよくあるQ&A-お金編-] 医師の当直手当の相場は? 医師のスポットの単価相場は? 医師の副業の定番は? 医師の退職金の相場は? 医師の初任給の相場は? 医師の税金対策は? 医師の福利厚生は?
[常勤医師のよくあるQ&A-プライベート編-] 医師の恋愛・結婚事情は? 医師でモテるには? 医師と看護師の恋愛事情は? 医師にはうつ病が多い? 医師を辞めたい場合は? 医師の喫煙率は高い? 医師の独身率は高い?
Copyright (C) 2012-2017 医師常勤求人ランキング All Rights Reserved.