医師常勤求人ランキング

医呼吸器内科の医師常勤求人

常勤医師の求人

呼吸器内科では、気管支や肺などの病気に対しての専門的な診療を行うところです。 肺がん、気管支喘息、肺気腫、肺炎、肺結核、慢性気管支炎、睡眠時無呼吸症候群、慢性呼吸不全、などの、呼吸器における様々な疾患を診療しているところです。

呼吸器内科の専門外来を設けている病院は、そう数多くはないのですが、地域、施設形態を問わず、その求人募集の数は増えているという傾向にあります。 総合病院での、指導医、専門医、後期研修医などの募集や、地域の一般病棟で経験を積んだ専門医の募集、クリニック、外来中心の勤務、在宅クリニック、検診施設でも、募集が多くあります。

現在、高齢化が進む中、肺炎によって死亡する高齢者は多くいます。 また、がんによる死亡者の中で、第一位となっているのが、肺がんによるものです。 ですから、今後、ますます、呼吸器内科での治療を必要とする患者が増えるでしょう。 ニーズが高まる診療科でありながら、患者数に対しての呼吸器内科の専門医は少ないと言う現状があります。 内科医全体にないしてみても、呼吸器内科の医師の数は不足していると言えるようです。

消化器内科の常勤医師の求人を医療求人サイトには多くの求人情報があります。 常勤での勤務だと、週4〜5日、給与には勤務先によって幅がありますが、年俸1000万円〜2500万円ほどとなっています。 当直がなしの求人情報もあります。

呼吸器内科の医師

呼吸器内科医は、内科全般の知識に加え、気管支鏡、胸腔穿刺、胸腔ドレナージ、気管挿管、人工呼吸器操作などの確かな専門的手技能力を必要とします。 呼吸器疾患は多彩であり、その所見、経過から考えられる疾患を挙げ、またそれに対する治療法の選択などもしていかなくてはならず、非常に奥が深いと感じられます。

命に直結する科であり、どの分野でも対応できる臨床能力が必要で、一臓器に着目することない総合的な診断が必要であるため、他の各科からも相談を受けることの多い診療科だとも言えるでしょう。 そのようなことから、「つぶしがきく」科とも言われている程で、呼吸器内科の医師のニーズは高いものとなっています。

呼吸器内科診療の重要性は高まっていて、臨床能力にもまだまだ発展が見込まれる科だと思われています。

患者さんとの関わりをもつ時間の多いことも特徴です。 その患者さんの多くが、高齢者であるため、高齢者の患者さんの全身を診ながら患者さんと関わって行くという科とも言えるでしょう。

常勤の医師の求人・転職支援サイト!最新口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細

※当サイトでは医師常勤転職の大手のリクルートドクターズキャリアが1位獲得中です。
※メディウェル運営の医師転職ドットコムも安心感が高く人気です。





▲このページの上部へ

[常勤医師のよくあるQ&A-仕事編-] 医師の労働時間の平均は? 医師の仕事のやりがいは? 医師は休みがとれない? 医師は過労死が多い? 医師は激務? 医師の常勤と非常勤の違いは? 医師で楽な科は? 医師で海外留学は多い? 医師の転勤事情は? 医師の定年後の生き方・働き方は? 医師は接待が多い? 医師の男女比はどれくらい? 医師の「楽な道」とは?
[常勤医師のよくあるQ&A-お金編-] 医師の当直手当の相場は? 医師のスポットの単価相場は? 医師の副業の定番は? 医師の退職金の相場は? 医師の初任給の相場は? 医師の税金対策は? 医師の福利厚生は?
[常勤医師のよくあるQ&A-プライベート編-] 医師の恋愛・結婚事情は? 医師でモテるには? 医師と看護師の恋愛事情は? 医師にはうつ病が多い? 医師を辞めたい場合は? 医師の喫煙率は高い? 医師の独身率は高い?
Copyright (C) 2012-2017 医師常勤求人ランキング All Rights Reserved.