医師常勤求人ランキング

麻酔科の医師常勤求人

オペでの中心的な役割を果たすのが麻酔科医。目立たないように思える立場ですが、病院内では絶大な力を持っています。手術では麻酔は必要不可欠ですから、執刀医であっても麻酔科医の働きが無ければオペを実施することはできません。使用する麻酔の量や、麻酔をかける時間などについては患者と向き合って決める必要があります。手術前にヒヤリングを行なって、体力やアレルギーの有無などについても十分の時間をかけて考えます。それだけに知識と経験は必要不可欠で、医学生として大学で学ぶだけでは務まらない職業と言っても過言ではありません。一日に複数のオペに立ち会うことが多いことから体力が必要な仕事でもあります。

手術での重要な役割を果たす麻酔科医ですが、日本では麻酔科医の数が不足しています。その理由は臨床経験がどうしても求められるためです。日本の制度上医師免許取得後、臨床経験を二年以上積み、麻酔科標榜医としての資格を取得します。もちろんこの資格を有していれば麻酔科医として活動できますが、日本麻酔学会での認定を受けるためには5年以上の臨床経験と試験をパスすることが求められます。このハードルの高さが麻酔科医不足に繋がっています。しかし麻酔と人体の関係を考えると失敗が許されない立場だけに、ハードルを高くしなければ命の危険が生じますから、もっともな制度だということも分かります。加えて麻酔科医は経験を積み増ししていくことが必要です。

麻酔科医は常に人材が不足しているため、麻酔科の医師常勤求人の数は多く、しかも応募する医師が少ないことから有資格者であればかなり有利に転職を進めることができると言えます。報酬は全国的な平均を見ると経験などにより若干の差こそあれ1000万円から2000万円が一般的です。都会であっても地方であっても常に不足している人材ですから、より高額な報酬を提示する医療機関も見られます。また急募での麻酔科の医師常勤求人案件を見ると2000万円超の報酬を提示する病院もあります。

麻酔科の医師常勤求人の動向を見てみると、東京や大阪などの大都市圏よりも地方都市での病院の求人が多いことが分かります。地方での麻酔科医不足はかなり深刻で、一人の麻酔科医が多くの責任を担っている場合も少なくないのが現状です。もしUターンなどでの転職を考えている方であるなら、麻酔科の医師常勤求人状況は売り手市場一色になっていますから、かなり有利に転職を進めることができるので、都会よりもかえって狙い目です。

常勤の医師の求人・転職支援サイト!最新口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細

※当サイトでは医師常勤転職の大手のリクルートドクターズキャリアが1位獲得中です。
※メディウェル運営の医師転職ドットコムも安心感が高く人気です。





▲このページの上部へ

[常勤医師のよくあるQ&A-仕事編-] 医師の労働時間の平均は? 医師の仕事のやりがいは? 医師は休みがとれない? 医師は過労死が多い? 医師は激務? 医師の常勤と非常勤の違いは? 医師で楽な科は? 医師で海外留学は多い? 医師の転勤事情は? 医師の定年後の生き方・働き方は? 医師は接待が多い? 医師の男女比はどれくらい? 医師の「楽な道」とは?
[常勤医師のよくあるQ&A-お金編-] 医師の当直手当の相場は? 医師のスポットの単価相場は? 医師の副業の定番は? 医師の退職金の相場は? 医師の初任給の相場は? 医師の税金対策は? 医師の福利厚生は?
[常勤医師のよくあるQ&A-プライベート編-] 医師の恋愛・結婚事情は? 医師でモテるには? 医師と看護師の恋愛事情は? 医師にはうつ病が多い? 医師を辞めたい場合は? 医師の喫煙率は高い? 医師の独身率は高い?
Copyright (C) 2012-2017 医師常勤求人ランキング All Rights Reserved.