医師常勤求人ランキング

脳神経外科の医師常勤求人

脳神経外科の専門医

脳神経外科学会では、「脳神経外科領域の病気すべてに関し,昭和41年発足の専門医認定制度に基づき,初期臨床研修を含む6年間の定められた研修の後,厳しい認定試験に合格し,所定の生涯教育を継続していることを認定された医師」とされています。 脳神経外科医となるためには、訓練施設に手所定の訓練を受け、筆記試験、口頭試験に合格しなければなりません。

脳、脊髄、末梢神経系およびその付属機関を含めて神経系全般の疾患の中で、おもに外科的治療を必要とするものを対象として、予防、診断、手術的治療、非手術的治療、リハビリテーション、救急医療などを担当します。

この分野の外科的治療は、高度な技術が求められると同時に、幅広い知識と、専門的な深い知識を備えることが必要となり、患者さんの診断から治療、また長期にわたっての健康管理と診療が必要となるでしょう。

そして、脳神経外科の専門医として、最新の知識、技術を得るための生涯学習を続けることが義務付けられているのです。その努力を評価、審査する為に、『日本脳神経外科学会専門医生涯教育委員会』では、一定の基準にもとづき、学習や研究活動を点数化した制度が採用されています。

脳神経外科医の医師数

日本の脳神経外科医の数は、ずば抜けて世界で一番多いのです。 米国と比較してみると、米国全体の医師数が約63万3千人、日本の医師数は約25万人に対し、米国の脳神経外科医の数は、約4200人、日本は約6200人となっています。ちなみに、ドイツ800人、英国では200人となっています。 米国の人口当たりの医師数を1.0とした場合、日本全体の医師数は0.9であり、ほぼ同数とみられます。 日本で医師不足として深刻な問題となっている小児科では0.5、産婦人科では0.8.、麻酔科では0.4となっていますが、脳神経内科では3.4と圧倒的に多いのが分かると思います。

このようなデータを見て、日本の脳神経外科は多すぎるのではないかと言われているのです。 けれど、日本の脳神経外科の専門医は、救急当直、外来診療、リハビリテーションなどの幅広い仕事を受け持っているのです。 対するアメリカでは、手術の経験を多くつまなければ、専門医にはなれないのです。

このような背景があるため、必ずしも日本の脳神経外科が多いとは言えないのです。 実際、脳神経外科の需要と、医師数を比べると、常勤医としての医師数の不足が著しいようです。

常勤医師の求人

日本の高齢化に伴って、今後更に循環器疾患が増えると予想され、脳卒中患者が倍増すると見られているため、救急に対応していかなければなりません。 また、脳腫瘍や脊髄損傷、てんかんなど、幅広い診療を受け持つ必要がある脳神経外科では、専門外来、脳ドック、総合病院、リハビリテーション施設、クリニックでの需要も高まると考えられれています。 医師全体の募集状況から比較すると脳神経外科医の募集は少なめですが、今後は需要が増える事も予想されているため、脳神経外科の常勤医師としての求人数は多いようです。

常勤の医師の求人・転職支援サイト!最新口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細

※当サイトでは医師常勤転職の大手のリクルートドクターズキャリアが1位獲得中です。
※メディウェル運営の医師転職ドットコムも安心感が高く人気です。





▲このページの上部へ

[常勤医師のよくあるQ&A-仕事編-] 医師の労働時間の平均は? 医師の仕事のやりがいは? 医師は休みがとれない? 医師は過労死が多い? 医師は激務? 医師の常勤と非常勤の違いは? 医師で楽な科は? 医師で海外留学は多い? 医師の転勤事情は? 医師の定年後の生き方・働き方は? 医師は接待が多い? 医師の男女比はどれくらい? 医師の「楽な道」とは?
[常勤医師のよくあるQ&A-お金編-] 医師の当直手当の相場は? 医師のスポットの単価相場は? 医師の副業の定番は? 医師の退職金の相場は? 医師の初任給の相場は? 医師の税金対策は? 医師の福利厚生は?
[常勤医師のよくあるQ&A-プライベート編-] 医師の恋愛・結婚事情は? 医師でモテるには? 医師と看護師の恋愛事情は? 医師にはうつ病が多い? 医師を辞めたい場合は? 医師の喫煙率は高い? 医師の独身率は高い?
Copyright (C) 2012-2017 医師常勤求人ランキング All Rights Reserved.