医師常勤求人ランキング

産婦人科の医師常勤求人

出生率の低下に伴い産婦人科医師を目指す医大生が減少する中、少子化に歯止めをかけるための取り組みが厚生労働省を中心に進められています。産婦人科医の減少は医療訴訟の増加や過酷な労働環境などが背景にあると分析されています。

産婦人科を受診する妊婦や女性患者の中には女医による診察を望む声が多いこともあり、女医が足りない状況が深刻化している医療現場も少なくありません。そのため地域周産期医療システムを見直し、抜本的な対策を講じているケースも増えてきました。また新たな産婦人科医を養成するために、医学生に向けた啓もう活動や研修医の養成に際しても産婦人科医の魅力を積極的にアピールする取り組みがみられます。

医療現場の改善と産婦人科医確保に向けた努力を払う病院の増加により、産婦人科の医師常勤求人数はかつてなく増えています。医師を募集するため報酬を多くすることや医療現場の改善を図ることで求人に結び付ける努力を払っている病院も見られます。求人数でみると大都市圏が多いのが現状ですが、地方での求人数も増えているのはうれしい傾向です。また地方ほど人材不足が深刻になっていることから、待遇が良い職場が確保される傾向が強いと言えます。

例えば東北地方での産婦人科の医師常勤求人の情報を見ると、年間での報酬が1000万円を超える求人案件が多いことが分かります。医師免許取得後、10年を超えるベテランの医師については1500万円以上の報酬を約束している医療機関も多いのが特徴です。産婦人科の場合、分娩に伴う医療に加えて婦人科系の疾患の診療を行なうことも多く、患者に対する医師の割合が地方ほど少ないことが、報酬を押し上げる理由となっています。東北以外でも四国や九州、北海道、本州の地方都市での医療を提供する病院の求人でも2000万円以上の報酬を設定している医療機関が多くあります。産婦人科医にとって、地方は狙い目と言えるかもしれません。

産婦人科の医師常勤求人の全国的な平均を見ると、地方も大都市圏も報酬や待遇面はあまり変わりません。仕事量からすれば、都市部ほど受け入れる患者数が多いため、当直などの仕事も多く発生し多忙な毎日を送る傾向があります。地方においては往診などにより地域密着型の医療を提供しているため、都市部に比べると比較的ゆったりとした医療現場に魅力を感じる医師たちもいます。産婦人科の医師常勤求人数は安定していますから、産婦人科医にとって今の状況は売り手市場となっています。

常勤の医師の求人・転職支援サイト!最新口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細

※当サイトでは医師常勤転職の大手のリクルートドクターズキャリアが1位獲得中です。
※メディウェル運営の医師転職ドットコムも安心感が高く人気です。





▲このページの上部へ

[常勤医師のよくあるQ&A-仕事編-] 医師の労働時間の平均は? 医師の仕事のやりがいは? 医師は休みがとれない? 医師は過労死が多い? 医師は激務? 医師の常勤と非常勤の違いは? 医師で楽な科は? 医師で海外留学は多い? 医師の転勤事情は? 医師の定年後の生き方・働き方は? 医師は接待が多い? 医師の男女比はどれくらい? 医師の「楽な道」とは?
[常勤医師のよくあるQ&A-お金編-] 医師の当直手当の相場は? 医師のスポットの単価相場は? 医師の副業の定番は? 医師の退職金の相場は? 医師の初任給の相場は? 医師の税金対策は? 医師の福利厚生は?
[常勤医師のよくあるQ&A-プライベート編-] 医師の恋愛・結婚事情は? 医師でモテるには? 医師と看護師の恋愛事情は? 医師にはうつ病が多い? 医師を辞めたい場合は? 医師の喫煙率は高い? 医師の独身率は高い?
Copyright (C) 2012-2017 医師常勤求人ランキング All Rights Reserved.