医師常勤求人ランキング

精神科の医師常勤求人

精神科医

精神医学を専門とし、精神疾患の治療を行います。 精神科専門医制度の規則の第一章第一条では、「患者の人権を尊重し、精神・身体・社会・倫理の各面を総合的に考慮しつつ、精神医学および精神科医療の進歩に応じて、精神科医の態度・技能・知識を高め、すぐれた精神科医の養成と生涯にわたる相互研鑽を図ることにより、精神科医療、精神保健の向上と社会福祉に貢献し、もって国民の信頼にこたえることを目的とする。」とあります。 「心の病気」が注目されるようになりましたが、「心の病気」は、管理社会、リストラや人間関係など、「ストレス社会」とも言われるストレスが蔓延したような現代の社会状況の中で、その治療をする機会が増えたのではないかと言われています。 その治療は多岐にわたり、精神分裂病、うつ病、ノイローゼ、またストレスからくる心身症などの、精神的疾患を専門に診療を行います。

精神科の患者数と医師数

精神障害を患い、治療を求めてくる患者数は年々増加しています。 特に、気分障害、ストレス関連障害の通院患者の増加が目立っていて、それぞれ、全体の33%、22%となっていて、全体で55%を占めています。 中でも、気分障害の患者数は、この十数年の間に2倍以上に増加しているということが、厚生労働省の調べによって分かります。 女性が多く患いやすいようで、年齢別に見ても、どの年齢層でも女性の患者数が非常に多く、その増加傾向を見ても女性患者の増加は著しいものとなっています。 気分障害の総患者数の内訳は、以前は十分な理解が得られずに「怠け病」などと言われていましたけでど、現在では広く知られるようになった病気である「うつ病」の患者数が中心となっています。 また、近年の高齢化に伴っても認知症患者の増加や、身体合併症の増加があります、

それに伴い、医療施設が増加していますが、中でも急増してのは、診療所です。 それによって、病院勤務の精神科医が減り、診療所での精神科医が増えるという傾向にあるようです。

ただ人口10万人に対しての精神科医師数を見ると、世界的に見ても日本は不足しています。 米国の13.7、英国での11.0に対して日本は9.4となり、ストレス社会と言われ、高齢化が進む日本では精神科医師数はまだまだ不足していると見られます。

常勤医師の求人

精神科医の常勤医師数が増えている傾向にはありますが、その求人数は、都市部、地方を問わずニーズが高い状況は続いています。 急性期型の精神科病院、慢性期型の長期入院に対応した精神科病院、総合病院や診療所での求人があります。 交通の便がよかったり、給与の面で優遇されていたり、指定医の有無を問わなかったり、経験年数を問わなかったりと言った求人も多くありますが、そのような求人は人気が高い為、すぐに募集が終わってしまう事もありますから、早めの問い合わせが必要になるでしょう。

常勤の医師の求人・転職支援サイト!最新口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細

※当サイトでは医師常勤転職の大手のリクルートドクターズキャリアが1位獲得中です。
※メディウェル運営の医師転職ドットコムも安心感が高く人気です。





▲このページの上部へ

[常勤医師のよくあるQ&A-仕事編-] 医師の労働時間の平均は? 医師の仕事のやりがいは? 医師は休みがとれない? 医師は過労死が多い? 医師は激務? 医師の常勤と非常勤の違いは? 医師で楽な科は? 医師で海外留学は多い? 医師の転勤事情は? 医師の定年後の生き方・働き方は? 医師は接待が多い? 医師の男女比はどれくらい? 医師の「楽な道」とは?
[常勤医師のよくあるQ&A-お金編-] 医師の当直手当の相場は? 医師のスポットの単価相場は? 医師の副業の定番は? 医師の退職金の相場は? 医師の初任給の相場は? 医師の税金対策は? 医師の福利厚生は?
[常勤医師のよくあるQ&A-プライベート編-] 医師の恋愛・結婚事情は? 医師でモテるには? 医師と看護師の恋愛事情は? 医師にはうつ病が多い? 医師を辞めたい場合は? 医師の喫煙率は高い? 医師の独身率は高い?
Copyright (C) 2012-2017 医師常勤求人ランキング All Rights Reserved.