医師常勤求人ランキング

神経内科の医師常勤求人

神経内科について

神経内科とは、脳や脊髄、神経、筋肉などの神経系統を、神経障害による疾患を対象とする診療科目のことです。 疾患としては、脳卒中、脳炎およびてんかんなどの神経救急疾患やパーキンソン病、アルツハイマー病などの慢性の変性疾患まで数多くあります。 具体的な症状は、めまい、しびれ、力がはいらない、ふらつく、歩きにくい、しゃべりにくい、つっぱる、二重に見える、頭痛、意識障害、もの忘れなどがあります。 このように、どこという特定の箇所がない症状の場合に、まず神経内科で診療を行い、それから脳神経外科や、精神科、整形外科、眼科や耳鼻科などへの紹介を行います。

常勤医師の求人

現在の日本では、高齢化が進んでいること、ストレス社会の問題などから、脳卒中、アルツハイマー病、パーキンソン病、頭痛、抹消神経障害などの患者が急増しているため、神経内科医のニーズも高まっています。 神経内科は内科疾患とも関連していて、循環器内科や消化器内科と同じように、専門的分野についての深い知識の他、一般内科の幅広い知識や経験も必要とされます。 医療機関の規模によって、診療スタイルは違ってくるでしょう。

規模の大きな総合病院では、若手から経験を積んだ医師まで幅広い求人募集があり、日常生活からくる症状の専門的診断、難病と言われる診療、治療まで幅広い診療を行いますから、診断力、専門的治療のための経験技術、また他の科との連携も必要となってくるでしょう。

一般病院や中小規模の病院では、外来の初期診断、手術、術後の経過観察能力、リハビリなど総合的な技術を求められるでしょう。

クリニックでは、一般内科的な診療を行うところもありますが、その数は少なく、殆どは、初期診断を中心に行う脳神経内科としての専門的な診療になるでしょう。

近年の高齢化の進行に伴い、リハビリテーション病院での神経内科医のニーズも高まっています。 リハビリテーション科では、脳神経内科だけでなく他にも様々な診療科からの医師が求められています。 中でも、神経内科医のニーズは高く、リハビリの必要度や回復具合の診断力、リハビリスタッフとしてのチームの指導力や、患者とその家族とのコミュニケーション能力も求められるでしょう。

神経内科と精神科

精神科では、精神的な問題からくる体への異常を診療する科であるのに対し、神経内科では、精神的な問題からでなく、体の神経系に病気があり、体に異常をきたしている場合の診療を行うところです。 精神科では脳をみても原因が見つけられない疾患で、神経内科では何かしらの原因をみつけることができます。 ただ、アルツハイマー病、てんかんなどは、このどちらでもみることがあります。

常勤の医師の求人・転職支援サイト!最新口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細

※当サイトでは医師常勤転職の大手のリクルートドクターズキャリアが1位獲得中です。
※メディウェル運営の医師転職ドットコムも安心感が高く人気です。





▲このページの上部へ

[常勤医師のよくあるQ&A-仕事編-] 医師の労働時間の平均は? 医師の仕事のやりがいは? 医師は休みがとれない? 医師は過労死が多い? 医師は激務? 医師の常勤と非常勤の違いは? 医師で楽な科は? 医師で海外留学は多い? 医師の転勤事情は? 医師の定年後の生き方・働き方は? 医師は接待が多い? 医師の男女比はどれくらい? 医師の「楽な道」とは?
[常勤医師のよくあるQ&A-お金編-] 医師の当直手当の相場は? 医師のスポットの単価相場は? 医師の副業の定番は? 医師の退職金の相場は? 医師の初任給の相場は? 医師の税金対策は? 医師の福利厚生は?
[常勤医師のよくあるQ&A-プライベート編-] 医師の恋愛・結婚事情は? 医師でモテるには? 医師と看護師の恋愛事情は? 医師にはうつ病が多い? 医師を辞めたい場合は? 医師の喫煙率は高い? 医師の独身率は高い?
Copyright (C) 2012-2017 医師常勤求人ランキング All Rights Reserved.