医師常勤求人ランキング

消化器外科の医師常勤求人

常勤医師の求人

消化器外科の求人募集の数は、横ばいとなっているようですが、外科系募集の中でも、整形外科に次いで求人が多いとされているのが、「消化器外科・一般外科」です。 消化器外科は、外科分野において、中核となるとも言える診療科です。 その医師の募集においては、消化器系(食道、胃、大腸、肝臓、膵臓、胆嚢)の手術、検査の技術が問われるポイントとなると思われます。

近年では、内視鏡を用いての治療や投薬、注射などによる内科的治療が増加し、外科的治療が減少するという状況もあります。 けれども、規模の大きな病院では、健診、内視鏡の検査により、腫瘍が発見され、外科的な治療のニーズも高まる傾向にあります。 地方の病院では、外科的な技術に加え、内視鏡などの消化器内科分野での技術・知識も求められることがあるでしょう。

地方でも首都圏問わず、中小病院、総合病院、クリニック、専門医院での募集、また健診センターや人間ドック施設での募集もあります。 女性の下部内視鏡を行える、女性の消化器外科医師のニーズも増えているようです。

厚生労働省による、必要医師数の実態調査によると、常勤医師の必要医師数が2700人に対し、現在の常勤医師数が2450人と役10%不足しています。 非常勤医師については、必要医師数が624人に対し、現在の非常勤医師数は597人と、約4%不足しています。

この調査結果より、消化器外科での常勤医師数、非常勤医師数とも不足している状況でありますが、常勤医師数の方が求められている数が多いということです。 それだけ、常勤医師としての求人情報が多いでしょうから、より、自分の希望条件に合致した募集案件があると思います。 また、就職支援サービスを利用して、給与面、勤務時間、勤務日数などが希望と合っている案件を紹介してもらうと、より的確な求人情報が得られると思います。

消化器外科の医師

消化器外科の医師に求められる事は、勤務先の医療機関の状況や規模、その施設の種類によって変わってきますが、外科一般の知識から、消化器系を専門とする医療知識、技術まで多く求められることもあるでしょう。 消化器系のがん(大腸がん、食道がん、胃がん、小腸がん、肝胆膵がんなど)における外科手術、炎症性腸疾患の手術、粘膜下腫瘍の手術などを行いますが、このような外科的手術は患者さんに一定のリスクを負わせることが前提となるため、信頼して治療を求めてくる患者さんに対しての最良の方法、医師として後悔することのない治療を考えることが必要となってくるでしょう。

常勤の医師の求人・転職支援サイト!最新口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細

※当サイトでは医師常勤転職の大手のリクルートドクターズキャリアが1位獲得中です。
※メディウェル運営の医師転職ドットコムも安心感が高く人気です。





▲このページの上部へ

[常勤医師のよくあるQ&A-仕事編-] 医師の労働時間の平均は? 医師の仕事のやりがいは? 医師は休みがとれない? 医師は過労死が多い? 医師は激務? 医師の常勤と非常勤の違いは? 医師で楽な科は? 医師で海外留学は多い? 医師の転勤事情は? 医師の定年後の生き方・働き方は? 医師は接待が多い? 医師の男女比はどれくらい? 医師の「楽な道」とは?
[常勤医師のよくあるQ&A-お金編-] 医師の当直手当の相場は? 医師のスポットの単価相場は? 医師の副業の定番は? 医師の退職金の相場は? 医師の初任給の相場は? 医師の税金対策は? 医師の福利厚生は?
[常勤医師のよくあるQ&A-プライベート編-] 医師の恋愛・結婚事情は? 医師でモテるには? 医師と看護師の恋愛事情は? 医師にはうつ病が多い? 医師を辞めたい場合は? 医師の喫煙率は高い? 医師の独身率は高い?
Copyright (C) 2012-2017 医師常勤求人ランキング All Rights Reserved.