医師常勤求人ランキング

小児科の医師常勤求人

少子高齢化に歯止めをかけるため、国が力を入れているのが小児医療です。全国各地で小児科不足が続いていることから、解決に向けた様々な努力が払われています。小児科医が不足している大きな原因となっているのが診療報酬の安さにあります。他の科目に比べて診療報酬点数が低いことが要因になっています。こうした問題を抜本的に改善するための取り組みが進められており、かつてに比べて環境は改善されつつあります。そのためか医療白書によれば小児科医は10%を超える伸び率を示しています。

小児科医の行なう医療は乳幼児や子ども向けの診療ですが、子どもたちは抵抗力が弱いこともあって感染症などに罹患しやすいことから、感染症対策が診察の中心になる傾向があります。また子どもの場合容態の変化が大きいことから昼間具合が良くても、夜間に容態が悪化することがあることから、その日のうちに対応しなければならないことも多く、医師の仕事はかなりハードになります。しかしながら病院での小児科医の勤務経験を生かし、将来は独立開業することも視野にいれることができる職業ですから、将来性がある診療科目です。

国も少子高齢化社会に対して抜本的な見直しやテコ入れを今後も行なっていくことは確実です。このことからも将来の小児科医院の開業を視野に選択する医学生も増えています。小児科の医師常勤求人の傾向ですが、全国的に不足していることから報酬が高く設定されている場合が少なくありません。報酬は平均で見ると関東圏で1000万円から1800万円とまずまずです。主な診療は小児の急性疾患やアレルギー疾患の診察、治療、予防接種の実施等が中心です。病院勤務の場合、救急外来を担当するケースも有ります。小児科を扱う病院が少ないためその分当直回数も他の科目に比べて増えるのは事実ですが、スキルを磨き将来の独立開業を目指すうえでの大きなステップとなります。

小児科の医師常勤求人を関東圏以外で見てみても全国的に1000万円以上は報酬を提供する医療機関がほとんどで、かつてのように低収入というイメージはかなり払拭されつつあると言えます。また高額の報酬を望むなら、東京都内の個人クリニックで3000万円以上を提示しているところもあります。地方での小児科の医師常勤求人を見ても常勤であれば関東圏や関西圏とそれほど大差はありません。個人の開業医での勤務医を募集しているケースも見られますが、病院勤務に比べて好条件を提示している案件も多く狙い目と言えます。

常勤の医師の求人・転職支援サイト!最新口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細

※当サイトでは医師常勤転職の大手のリクルートドクターズキャリアが1位獲得中です。
※メディウェル運営の医師転職ドットコムも安心感が高く人気です。





▲このページの上部へ

[常勤医師のよくあるQ&A-仕事編-] 医師の労働時間の平均は? 医師の仕事のやりがいは? 医師は休みがとれない? 医師は過労死が多い? 医師は激務? 医師の常勤と非常勤の違いは? 医師で楽な科は? 医師で海外留学は多い? 医師の転勤事情は? 医師の定年後の生き方・働き方は? 医師は接待が多い? 医師の男女比はどれくらい? 医師の「楽な道」とは?
[常勤医師のよくあるQ&A-お金編-] 医師の当直手当の相場は? 医師のスポットの単価相場は? 医師の副業の定番は? 医師の退職金の相場は? 医師の初任給の相場は? 医師の税金対策は? 医師の福利厚生は?
[常勤医師のよくあるQ&A-プライベート編-] 医師の恋愛・結婚事情は? 医師でモテるには? 医師と看護師の恋愛事情は? 医師にはうつ病が多い? 医師を辞めたい場合は? 医師の喫煙率は高い? 医師の独身率は高い?
Copyright (C) 2012-2017 医師常勤求人ランキング All Rights Reserved.