医師常勤求人ランキング

医師の福利厚生は?

医師に与えられる福利厚生は勤務する病院によって異なります。福利厚生とは、健康保険、厚生年金、雇用保険などが基本で、この他にも住宅手当、通勤手合、退職金、育児休暇などがあります。寮や託児師を設けている病院もあります。たとえ、収入が高くても、その中から通勤費、社会保険、住居費などを支払っていては、生活費が不足することもあります。給料の他に福利厚生が充実していることで、豊かな生活を営むことができるのです。

医師の場合、年収制を採っている事が多いですが、福利厚生にあたる毎月の手当は月割した年収の約2割になるのが一般的です。また、一般的な科目の他に医師特有のものもあります。放射線技師の場合なら被爆のリスクがあるため危険手当が付くことがあります。感染症病棟勤務であれば感染症手当、救急救命担当ならオンコール待機手当などが付与されます。他にも分娩手当や特殊疾病取扱手当もあり、担当する診療や病棟等によって特殊な手当がつくのが医師の福利厚生の特徴です。金額はそれぞれの勤務する医療機関によって異なっています。

また、医師の給与体系は特殊です。仮に大学病院の医局員であっても、公立病院に出向となれば一定期間だけは公務員の身分となり給料も勤務する病院からもらうので、福利厚生の内容も異なります。そして、数年して、再び、私立の大病院へ転勤となった場合、退職金はもらえず、新しい給与体系の元で働くことになります。数年単位で転勤や出向をしている場合には福利厚生の中でも退職金の恩恵を受けられるチャンスは少ないです。また、年金の体系も勤務する病院によって異なるので、計算が複雑でもらってみないと金額がわからないということもあります。基本的な住宅手当と勤務手当さえ貰えれば、福利厚生には期待していないという医師は多いです。

しっかりとした福利厚生のある病院で医師として働くには、1か所の病院に定年までいることですが、よほどのスキルを持った高名な医師でないかぎりは難しいです。普通の医師でも個人病院なら実現できる可能性はありますが、スキルアップや大幅な年収アップを望むことは難しくなります。人によっては、労働環境の改善をもとめて転職を繰り返すというケースも有ります。医師不足が深刻になっているので、転職先に困ることはまずありませんが、条件が悪くなる可能性はあります。転職条件に福利厚生の充実を求めるか、年収アップを条件にするか、どちらか一方に絞ったほうが確実です。

常勤の医師の求人・転職支援サイト!最新口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細

※当サイトでは医師常勤転職の大手のリクルートドクターズキャリアが1位獲得中です。
※メディウェル運営の医師転職ドットコムも安心感が高く人気です。



▲このページの上部へ

[常勤医師のよくあるQ&A-仕事編-] 医師の労働時間の平均は? 医師の仕事のやりがいは? 医師は休みがとれない? 医師は過労死が多い? 医師は激務? 医師の常勤と非常勤の違いは? 医師で楽な科は? 医師で海外留学は多い? 医師の転勤事情は? 医師の定年後の生き方・働き方は? 医師は接待が多い? 医師の男女比はどれくらい? 医師の「楽な道」とは?
[常勤医師のよくあるQ&A-お金編-] 医師の当直手当の相場は? 医師のスポットの単価相場は? 医師の副業の定番は? 医師の退職金の相場は? 医師の初任給の相場は? 医師の税金対策は? 医師の福利厚生は?
[常勤医師のよくあるQ&A-プライベート編-] 医師の恋愛・結婚事情は? 医師でモテるには? 医師と看護師の恋愛事情は? 医師にはうつ病が多い? 医師を辞めたい場合は? 医師の喫煙率は高い? 医師の独身率は高い?
Copyright (C) 2012-2017 医師常勤求人ランキング All Rights Reserved.