医師常勤求人ランキング

医師の税金対策の具体例は?

会社勤めであれば全く気にすることの無い確定申告。医師の場合も同様で1つの病院に勤めているだけであれば税金対策は基本的に必要ありません。日本では累進課税性が採用されているため所得が高くなると最大で50%が税金になってしまいます。結局、収入の大部分が税金で取られてしまうことを考えると当直医や別の病院で副業をしている医師も少なくないというのが実情です。特に家族のいる医師は税金対策を含めるとかなり大変だと言う方も居るようです。

また、研修医の場合でも同様のことが言えます。研修医の場合は単純に手取りが少ないために税金を考慮してというよりも生活費を捻出する為に副業をしているケースも多いわけです。常勤医でも研修医でも副業をしている医師はかなりの割合で存在しているため税金対策が必要なケースは多いでしょう

さて、日本の法律では確定申告の際に年間20万円以下の雑所得(多くの場合は副業になるでしょう)は確定申告の際に収入として考慮しないこととされています。しかし、ほとんどのケースでは副業をするのであれば収入が20万円を越えるでしょう。特に医師の場合、スポットアルバイトを数日やっただけで20万円は軽く越えてしまいます。では、どのようにして税金対策を行えばよいのでしょうか?

まず、覚えておきたいこととして文房具1つとっても経費として計上できるケースがあるということです。「たかだか100円のボールペン……」などと甘く見てしまいがちですが消耗品である文房具を1年間購入すると意外と結構な額となります。また、副業での移動に自動車を利用されている方の場合は交通費として経費に計上できることもあるので領収書はきちんと残すようにしましょう。さらに生命保険も確定申告では控除されることになるので覚えておくとよいでしょう。

「医師の仕事だけでも忙しいのに税金対策にまで頭が回らない」このように悩んでいる医師のみなさん!今まで税理士にお願いするとお金がかかるからと自力でやっていたかもしれません。しかし、転職支援サービスでも税金対策について手伝ってくれることはご存知でしたか?もし「まだ知らない」という方は積極的に活用してみてはいかがでしょうか?「これから転職支援サービスで副業の仕事を探そう」「今の病院から転職したいけど税金対策はいまいち苦手だ」と言った医師の方にも積極的にアドバイスできる環境が整っています。税金対策に悩んだ医師のみなさん、無料で利用できる転職支援サービスを利用してみては?

常勤の医師の求人・転職支援サイト!最新口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細

※当サイトでは医師常勤転職の大手のリクルートドクターズキャリアが1位獲得中です。
※メディウェル運営の医師転職ドットコムも安心感が高く人気です。



▲このページの上部へ

[常勤医師のよくあるQ&A-仕事編-] 医師の労働時間の平均は? 医師の仕事のやりがいは? 医師は休みがとれない? 医師は過労死が多い? 医師は激務? 医師の常勤と非常勤の違いは? 医師で楽な科は? 医師で海外留学は多い? 医師の転勤事情は? 医師の定年後の生き方・働き方は? 医師は接待が多い? 医師の男女比はどれくらい? 医師の「楽な道」とは?
[常勤医師のよくあるQ&A-お金編-] 医師の当直手当の相場は? 医師のスポットの単価相場は? 医師の副業の定番は? 医師の退職金の相場は? 医師の初任給の相場は? 医師の税金対策は? 医師の福利厚生は?
[常勤医師のよくあるQ&A-プライベート編-] 医師の恋愛・結婚事情は? 医師でモテるには? 医師と看護師の恋愛事情は? 医師にはうつ病が多い? 医師を辞めたい場合は? 医師の喫煙率は高い? 医師の独身率は高い?
Copyright (C) 2012-2017 医師常勤求人ランキング All Rights Reserved.