医師常勤求人ランキング

医師の喫煙率は高い?

日本医師会の喫煙率の調査によれば、2000年時点では男性医師は約27%、女性医師は約7%でしたが、2年後調査では、男性医師は約13%、女性医師は約3%と減少傾向にあります。厚生労働省の2001年の調査では成人男性の約20%、成人女性は10%弱となっています。このことから比較すると医師の喫煙率は低いということがいえます。世の中は禁煙思考に傾いています。テレビコマーシャルからはタバコの宣伝が消え、代わりに治療による禁煙を推奨しています。街の中でも、飲食店でも喫煙者の肩身は狭くなっています。

緊迫した状況に立ち会うことの多い医師はストレスの影響を受けやすい仕事ですが、アンケートの結果を見る限りでは、一度も喫煙をしたことがないという人が多いです。吸わない理由として多かったのは、興味がなかった、家族に喘息や呼吸器の病気にかかった人がいて、辛さがわかるので吸ってはいけないと悟ったというものです。さらに、医師は喫煙をしていて仕事に支障はありませんが、吸わないことで不安を持っている人も中にはいます。例えば禁煙外来で働いていても喫煙経験のない医師がいるので、治療や指導をしていても実際には喫煙する人の気持や辛さはわからないので、患者に充分な治療が出来ていないのではないかというケースです。これ以外では、特に喫煙しないことによる弊害を感じている人はいません。

中には、喫煙の経験はあるが現在は禁煙しているという医師もいます。禁煙のきっかけは様々で禁煙外来に配属になった、子供が生まれた、病院が全館禁煙になった等の理由があげられています。禁煙は特に難しくなかった、やめてからもストレスに悩まされることはない、など禁煙をしてよかったという医師が多いです。

逆に、喫煙による弊害はないと断言する医師も少数派ながらいます。毎日、2箱吸っていても肺も動脈硬化の不安はなく、健康に過ごしている、という人がいます。習慣的に喫煙をしている理由は、ストレス軽減のためではなく、嗜好品として愛用している傾向にあります。ただ、かつては食堂やロビーなどにあった喫煙コーナーさえも廃止の傾向にあり、全館禁煙になっている病院が増えています。そのため、仕事中は禁煙せざるを得ない方向になっています。また、医師の喫煙率は低いのですが、医療関係者で最も喫煙率が高いのは看護師です。日本看護師会の調査によれば2006年の時点では20%に近い人が喫煙の習慣を持っていました。

常勤の医師の求人・転職支援サイト!最新口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細

※当サイトでは医師常勤転職の大手のリクルートドクターズキャリアが1位獲得中です。
※メディウェル運営の医師転職ドットコムも安心感が高く人気です。



▲このページの上部へ

[常勤医師のよくあるQ&A-仕事編-] 医師の労働時間の平均は? 医師の仕事のやりがいは? 医師は休みがとれない? 医師は過労死が多い? 医師は激務? 医師の常勤と非常勤の違いは? 医師で楽な科は? 医師で海外留学は多い? 医師の転勤事情は? 医師の定年後の生き方・働き方は? 医師は接待が多い? 医師の男女比はどれくらい? 医師の「楽な道」とは?
[常勤医師のよくあるQ&A-お金編-] 医師の当直手当の相場は? 医師のスポットの単価相場は? 医師の副業の定番は? 医師の退職金の相場は? 医師の初任給の相場は? 医師の税金対策は? 医師の福利厚生は?
[常勤医師のよくあるQ&A-プライベート編-] 医師の恋愛・結婚事情は? 医師でモテるには? 医師と看護師の恋愛事情は? 医師にはうつ病が多い? 医師を辞めたい場合は? 医師の喫煙率は高い? 医師の独身率は高い?
Copyright (C) 2012-2017 医師常勤求人ランキング All Rights Reserved.