医師常勤求人ランキング

医師の男女比はどれくらい?

医師の男女比は厚生労働省の調べによれば、平成24年度で男性が8割強、女性が2割弱となっています。過去の比率と比較すると女性の比率は年々増加しています。女性の内訳をみると、29歳以下が最も多く全体の約35%となっていすま。この他、30歳から39歳では約30%に低下します。そして、医者として最も活躍できると言われている40代は約20%に低下し、年齢が高くなるほど女性の割合は低くなる傾向にあります。

女性の場合、医師免許を取得したのもかかわらず、大学卒業後の進路として医師として病院に勤務する割合は卒業直後から36歳位まで右肩下がりになっています。女性の就業率が低いのは看護師や他の職場と同様に、結婚や出産が深く関わっています。女性医師が休職あるいは退職する理由のトップは出産で、全体の約7割を占めています。産休がとれたとしても、新生児の面倒を診てもらえる環境が整っていなければ職を離れるしか選択肢はない状況にあります。次に多いのが、子育てです。医師の仕事は、診療科目によりますが、昼夜の区別なく多忙を極めますし、残業も多く、休日も簡単に取得することができません。例えば、子供が急に体調を崩したとしても休暇をとれる状況にない場合があります。また、幼稚園や学校行事の参加のためにスケジュール調整をしていたとしても、休めない状況になることもしばしばです。この他には、夫の転勤や家族の病気などもありますが、家庭の収入の柱となっていない場合には、いったん退職をする女性が多いです。女性医師の場合、働き方を考えると、ハードな病院勤務より資格を生かして在宅医療や老人介護施設などでマイペースで働きたいと考えている人も多いので、統計的には女性医師の比率はあまり高くありませんが、他の分野で活躍している人は多いです。

対して男性医師は、もともと医学部に進学する男女比が女性の約3倍ありますし、医師免許取得後に医師の道を選ばない人は極僅かとなっています。医師の仕事は花形のように見えますが、頭脳明晰で高い知識が必要なだけでなく、体力も必要とされます。場合によっては睡眠時間が少なかったり、病院に寝泊まりすることもあるので、精神的なタフさも求められる職業です。そのため、女性が選択する診療科目は特定の者に限定される傾向がありましたが、最近では、タフな女性も増えていて、救急救命や外科の分野で活躍する女性医師も増えています。男性と比較すると割合はまだ低いですが、増加傾向にあるので、将来的には男女比の差が縮まる可能性があります。

常勤の医師の求人・転職支援サイト!最新口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細

※当サイトでは医師常勤転職の大手のリクルートドクターズキャリアが1位獲得中です。
※メディウェル運営の医師転職ドットコムも安心感が高く人気です。



▲このページの上部へ

[常勤医師のよくあるQ&A-仕事編-] 医師の労働時間の平均は? 医師の仕事のやりがいは? 医師は休みがとれない? 医師は過労死が多い? 医師は激務? 医師の常勤と非常勤の違いは? 医師で楽な科は? 医師で海外留学は多い? 医師の転勤事情は? 医師の定年後の生き方・働き方は? 医師は接待が多い? 医師の男女比はどれくらい? 医師の「楽な道」とは?
[常勤医師のよくあるQ&A-お金編-] 医師の当直手当の相場は? 医師のスポットの単価相場は? 医師の副業の定番は? 医師の退職金の相場は? 医師の初任給の相場は? 医師の税金対策は? 医師の福利厚生は?
[常勤医師のよくあるQ&A-プライベート編-] 医師の恋愛・結婚事情は? 医師でモテるには? 医師と看護師の恋愛事情は? 医師にはうつ病が多い? 医師を辞めたい場合は? 医師の喫煙率は高い? 医師の独身率は高い?
Copyright (C) 2012-2017 医師常勤求人ランキング All Rights Reserved.