医師常勤求人ランキング

医師で海外留学は多い?

医師の海外留学は減少傾向にありますが機会はあります。留学先はアメリカを始めとして医療先進国の様々な国が選ばれています。大学院生や大学の医局に所属しながら海外で勉強をするという形になるのが一般的で、大学病院の教授の紹介で行き先が決まることが多いです。期間は勉強する内容によってまちまちで、数ヶ月の短期から数年という場合もあります。海外留学には臨床分野と研究分野がありますが、臨床の場合、日本の医師資格では殆どの国では実際に患者を診察したり、手術をすることはできないので、あまり意味が無いといえます。例えばアメリカの場合には、医師資格に加えて、TOEFL試験で規定の水準に達していることなど複数の関門があります。そのため、臨床分野ではなく基礎研究を目的として留学をするケースが多くなっています。

かつては留学費用は大学、医療機関などが負担してくれるケースもありましたが、現在はほとんどが自費です。奨学金制度もありますが、あまり多い額ではありません。そのため経済的には厳しいですが、留学を経験した医師の多くは充実した生活を送れたと満足して帰国しています。日本で臨床医として働いている場合には、昼夜の区別なく、まとまった休日も取れないことが多いですが、留学中は規則正しい生活を送りながら、有意義な臨床もしくは研究を経験することができます。絶対に行かなければならないということはないが、全ての医師が留学できるわけではないのでチャンスが有れば行ったほうが良いというのが、海外留学を経験した医師の感想です。また、大学病院の局員として働く場合には、海外留学は出世のためのキャリアのひとつになるとも考えられています。

大学の医局では慢性的な医師不足に陥っているので、臨床医に対して積極的にすすめることは難しくなっています。それでも、海外で研鑽を積みたいと考える医師は、教授の推薦なしに自力で留学先を探していく場合もあります。この場合には、医局を辞めて行かなければならず全くの無収入となることが多いのですが、留学先の研究室から給料が支払われる場合もあります。研究室での成果が認められれば、そのまま正職員として渡航先で働き続ける人も中にはいます。留学期間が終わって帰国後最初にすることは職探しです。留学前に勤めていた大学病院に再入局できるとか限りませんが、医師の求人数は多いので、キャリアパスを明確にして探せば、職にあぶれることはまずないと考えてよいでしょう。

常勤の医師の求人・転職支援サイト!最新口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細

※当サイトでは医師常勤転職の大手のリクルートドクターズキャリアが1位獲得中です。
※メディウェル運営の医師転職ドットコムも安心感が高く人気です。



▲このページの上部へ

[常勤医師のよくあるQ&A-仕事編-] 医師の労働時間の平均は? 医師の仕事のやりがいは? 医師は休みがとれない? 医師は過労死が多い? 医師は激務? 医師の常勤と非常勤の違いは? 医師で楽な科は? 医師で海外留学は多い? 医師の転勤事情は? 医師の定年後の生き方・働き方は? 医師は接待が多い? 医師の男女比はどれくらい? 医師の「楽な道」とは?
[常勤医師のよくあるQ&A-お金編-] 医師の当直手当の相場は? 医師のスポットの単価相場は? 医師の副業の定番は? 医師の退職金の相場は? 医師の初任給の相場は? 医師の税金対策は? 医師の福利厚生は?
[常勤医師のよくあるQ&A-プライベート編-] 医師の恋愛・結婚事情は? 医師でモテるには? 医師と看護師の恋愛事情は? 医師にはうつ病が多い? 医師を辞めたい場合は? 医師の喫煙率は高い? 医師の独身率は高い?
Copyright (C) 2012-2017 医師常勤求人ランキング All Rights Reserved.