医師常勤求人ランキング

医師は過労死の例が多い?

日本のビジネスマンは昔から働き過ぎだと世界中から言われています。実際、過労死という言葉に該当する外国語は存在しないようで「Karoushi」として取り上げられています。これは自由業と呼ばれる医師にも該当し、特に常勤医として勤務先の病院で責任のある立場にある医師の場合でも過労死が考えられます。

医師の場合、激務が続いた結果として過労死や自殺に繋がるケースも少なくありません。非常に有名なケースとしては小児科医の医師が過労からうつ病となり自殺したことが裁判となり勝訴した、つまり過労死と認定されたというものがあります。小児科医は全ての病気を網羅していないとならないと言われることもあるくらい、多岐にわたる専門知識が必要な診療科です。さらに子どもの病気はいつ症状が悪化するのかも分からず休日も自宅待機しなければならない医師も多いようです。

外科や産婦人科と言った、彼らの行う手術が命に関わる診療科の医師も過労死の可能性が非常に高いと言われています。これはどういうことかと言うと、なり手が少ない診療科であるために過労傾向になるというものです。月の平均時間外労働時間は80時間と定められていますが、医師は80時間を越える残業時間を強いられることが多いのです。つまり、過労死しやすい環境にあると言うことは言うまでもありません。

世界的に見ても医師が過労死と認定されるレベルで働いている国は日本くらいのものです。ヨーロッパやアメリカでは週の平均労働時間は40〜50時間、時間外労働はおよそ10〜40時間の範囲と言えるでしょう。「医者の不養生」ということわざもありますが、今では不養生をせざるを得ない職業になってしまっている医師。転職や退職した医師の補充をしない病院も少なくありません。

過労死は生命に直接かかわる問題です。「働き過ぎ」が原因となって過労死するのであればあなたの家族も悔やんでも悔やみきれない、そう思いませんか?特に常勤医の場合は過労死認定される労働時間で働いているケースがほとんどです。重大な事件に発展してしまう前に一度転職を考えてみることをオススメします。

転職支援サービスの中には医師の過労死について真剣に取り組んでいる会社も少なくありません。例えば、常勤医として働きながらも労働時間が短く抑えられる環境や非常勤医として働く方法などがあります。「過労死」の問題は今すぐに解決しなければならない医師の悩みの1つです。過労続きで気持ちが折れてしまった医師のみなさん、悩み相談のつもりで利用してみてはいかがでしょうか?

常勤の医師の求人・転職支援サイト!最新口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細

※当サイトでは医師常勤転職の大手のリクルートドクターズキャリアが1位獲得中です。
※メディウェル運営の医師転職ドットコムも安心感が高く人気です。



▲このページの上部へ

[常勤医師のよくあるQ&A-仕事編-] 医師の労働時間の平均は? 医師の仕事のやりがいは? 医師は休みがとれない? 医師は過労死が多い? 医師は激務? 医師の常勤と非常勤の違いは? 医師で楽な科は? 医師で海外留学は多い? 医師の転勤事情は? 医師の定年後の生き方・働き方は? 医師は接待が多い? 医師の男女比はどれくらい? 医師の「楽な道」とは?
[常勤医師のよくあるQ&A-お金編-] 医師の当直手当の相場は? 医師のスポットの単価相場は? 医師の副業の定番は? 医師の退職金の相場は? 医師の初任給の相場は? 医師の税金対策は? 医師の福利厚生は?
[常勤医師のよくあるQ&A-プライベート編-] 医師の恋愛・結婚事情は? 医師でモテるには? 医師と看護師の恋愛事情は? 医師にはうつ病が多い? 医師を辞めたい場合は? 医師の喫煙率は高い? 医師の独身率は高い?
Copyright (C) 2012-2017 医師常勤求人ランキング All Rights Reserved.