医師常勤求人ランキング

医師の定年後の生き方・働き方は?

医療機関によって様々ですが、個人病院以外で働く医師には、基本的に定年があります。年齢もまちまちで、60歳から65歳が一般的です。特に大学病院は厳しく、どんない高名な教授でも名誉教授でも定年になれば職を辞さなけれはなりません。私立の病院の場合には、さほど厳格ではありませんので、優秀な医師であれば延長して働いている例はたくさんあります。病院によっては、嘱託や契約制を取り入れて定年後も働けるように配慮しているところもあります。定年を迎える医師は、気力も体力も充実しているという人は、新たな働き先を探すことも珍しくありませんし、スッパリと引退する人もいます。

定年を迎えてからゆっくり進路を考えるのではなく、定年前からライフプランを立てておくことが大切です。しかし、医師として働き続けるにしても、それまでと同じ働き方をすることは年々難しくなります。後期高齢者の年齢が近づけば、自分も要介護の仲間入りをする可能性も高くなります。医師の定年後の進路は、健康状態がポイントとなります。自分がどんなに第一線で働き続けたいとしても、体力が伴わなければ患者を救うことはできません。自分がどのように生活をしたいかということを考えるだけでなく、患者に最善の治療ができるかを考えて次のステップを選択する医師も多いです。

経済的な不安がある場合には、何としてもフルタイムの就職先を探したほうがよいですが、特に不安がない場合には医師の技量を活かす道はいろいろとあります。例えば定年制のない医療機関に再就職するという選択があります。就労条件をフルタイムにしなくても、残業なしで週に数日働きたいという条件で探すことは可能です。体力や生活設計に応じた働き方ができる方法です。仕事の内容にも大きな違いが生じることがなく、出勤場所が変わるだけなので、ストレスを感じること無く転職できます。また、内科系の医師に需要が多いのが、訪問医療や老人保健施設での勤務です。健康管理が主な仕事で、毎日必ず診療があるということでもないので、時間にゆとりを持った働き方ができます。内科系以外の、例えば外科系の医師などの中にはキャリアチェンジをして勤務するケースも多いです。他にも、あまり求人数は多くありませんが、企業内の医務室、学校や幼稚園での仕事もあります。体力に自信がある人は生涯医師として人生を全うすることを念頭に、定年後はボランティアの医師として国内外を飛び回っている人もいます。

常勤の医師の求人・転職支援サイト!最新口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細

※当サイトでは医師常勤転職の大手のリクルートドクターズキャリアが1位獲得中です。
※メディウェル運営の医師転職ドットコムも安心感が高く人気です。



▲このページの上部へ

[常勤医師のよくあるQ&A-仕事編-] 医師の労働時間の平均は? 医師の仕事のやりがいは? 医師は休みがとれない? 医師は過労死が多い? 医師は激務? 医師の常勤と非常勤の違いは? 医師で楽な科は? 医師で海外留学は多い? 医師の転勤事情は? 医師の定年後の生き方・働き方は? 医師は接待が多い? 医師の男女比はどれくらい? 医師の「楽な道」とは?
[常勤医師のよくあるQ&A-お金編-] 医師の当直手当の相場は? 医師のスポットの単価相場は? 医師の副業の定番は? 医師の退職金の相場は? 医師の初任給の相場は? 医師の税金対策は? 医師の福利厚生は?
[常勤医師のよくあるQ&A-プライベート編-] 医師の恋愛・結婚事情は? 医師でモテるには? 医師と看護師の恋愛事情は? 医師にはうつ病が多い? 医師を辞めたい場合は? 医師の喫煙率は高い? 医師の独身率は高い?
Copyright (C) 2012-2017 医師常勤求人ランキング All Rights Reserved.