医師常勤求人ランキング

医師の転勤事情は?

医師には転勤がない、というのは間違いです。医師はは意外と引っ越し族です。大学病院の医局で働いていた場合、関連する病院へかならずと言っていいほど出向の辞令がでます。30代後半から40代にかけてが最も多く、数年ごとに複数の病院で臨床の経験を積むのが一般的です。関連する病院といっても、同じ大学出身者が運営していたり、教授の教え子が多く働いている、など様々です。私立の医療法人の病院の場合には、同じ法人に所属する系列の病院への転勤があります。大都市圏にある大学や病院に勤務していても、関連する医療機関が地方にあることは少なくありません。場合によっては離島にある診療所に派遣されることもあります。

転勤した場合、勤務医体系も給料も移動した先の規定に従います。例えば私立の大学病院から公立病院へ転勤した場合、そこで診療をしている間は公務員の身分になります。次に民間の病院へ転勤になれば、公務員の身分は解除されて民間病院の職員となります。大学病院からの転勤といっても、経営母体が異なる病院の場合に、退職と入職を繰り返すことになるのが特徴です。医療法人内の系列の病院へ転勤する場合には、それぞれの法人の規定によって異なります。このような転勤は一般には4月に行われますが、医師の退職の穴埋めにまわされることもあるため年度途中ということも多いです。辞令が出るのが1週間前ということもあります。

医師が転勤によっていろいろな病院で働くことは、臨床の経験を積み、診療の幅を広げるチャンスです。そのため、病院側は積極的に医師を転勤させているのです。特に、地方の中堅クラスの病院では、臨床例も少なく、医師としてのスキルアップがはかりづらいということがあるので大都市圏の大学病院へ転勤して経験を積ませることを目的としています。大学病院から地方の病院への派遣はせいぜい2年から3年です。患者数の多い病院で多忙を極める経験も必要ですし、地域医療を積極的に行っている医療機関を体験することも医師としての経験となります。あらゆる場面を経験することは、医師としての幅を広げるのに役立ちます。その後、すぐに大学病院へ戻れることもありますが、また別の地方の病院へ転勤ということもあります。大都市圏と比較すると地方の方が医師不足が深刻であるのが理由のひとつです。転勤が多いと家族もその都度引っ越さなければならず大変なので、短期間だからと単身赴任をしている医師も多いです。

常勤の医師の求人・転職支援サイト!最新口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細

※当サイトでは医師常勤転職の大手のリクルートドクターズキャリアが1位獲得中です。
※メディウェル運営の医師転職ドットコムも安心感が高く人気です。



▲このページの上部へ

[常勤医師のよくあるQ&A-仕事編-] 医師の労働時間の平均は? 医師の仕事のやりがいは? 医師は休みがとれない? 医師は過労死が多い? 医師は激務? 医師の常勤と非常勤の違いは? 医師で楽な科は? 医師で海外留学は多い? 医師の転勤事情は? 医師の定年後の生き方・働き方は? 医師は接待が多い? 医師の男女比はどれくらい? 医師の「楽な道」とは?
[常勤医師のよくあるQ&A-お金編-] 医師の当直手当の相場は? 医師のスポットの単価相場は? 医師の副業の定番は? 医師の退職金の相場は? 医師の初任給の相場は? 医師の税金対策は? 医師の福利厚生は?
[常勤医師のよくあるQ&A-プライベート編-] 医師の恋愛・結婚事情は? 医師でモテるには? 医師と看護師の恋愛事情は? 医師にはうつ病が多い? 医師を辞めたい場合は? 医師の喫煙率は高い? 医師の独身率は高い?
Copyright (C) 2012-2017 医師常勤求人ランキング All Rights Reserved.